1. トップ
  2. 入園のご案内
入園のご案内

幼稚園の部(1号認定児)

入園願書配布 平成29年9月1日(金)より(日・祝日を除く9:00~17:00)
入園願書受付 平成29年10月2日(月)9:00より
定員になり次第締め切らせて頂きます。
園見学 随時
午前10時~11時
*お電話にてお申し込み下さい。
入園説明会 9月1日(金)午前10時00分より
9月2日(土)午前10時00分より
*参加希望者は前日までに園にご連絡下さい
選考方法 先生と子どもの遊びの中で簡単な面接をします。
入園時必要な経費 入園料:50,000円
*入園受入れの準備や選考など入園に係る事務手続きに要する費用
冬制服代等:約21,000円
保育用品代:約13,000円
募集人数 3歳児:25名  4歳児:若干名  5歳児:若干名
保育時間 午前8時30分~午後2時30分(月曜日~金曜日)(土・日・祝日は休み)
給食 週5日間完全自園調理給食(アレルギー対応食有)
(月1回お弁当持参日有)
入園後必要な経費 保育料:下表参照
保育料には給食費、絵本代、音楽指導費・体育指導費・温水プール指導費(3・4・5歳児)、英語指導費(4・5歳児のみ)等が含まれています。
遠足代等個人に帰する費用についてはその都度別途徴収致します。
利用者との
契約項目
保育料やその他費用について、2ヵ月の滞納があった場合、休園措置とし、
その後においても支払がなかった場合、退園措置となります。

平成29年度高石市利用者負担額(保育料)徴収金額表(1号認定・参考)

平成29年度堺市利用者負担額(保育料)徴収金額表(1号認定・参考)

※特定世帯とは、ひとり親世帯及び在宅障がい者がいる世帯等のことをいいます。

(注意1)
第1階層を除き、平成29年度4月分から8月分までの利用者負担額(保育料)は、平成28年度の市町村民税で算定し、平成29年度9月分から3月分までに利用者負担額(保育料)は、平成29年度の市町村民税で算定します。
(注意2)
上表の「市町村民税」の額を計算する場合、税額控除(市町村等に対する寄付金控除、外国税額控除、在宅借入金等特別控除、配当控除等)は、適用しません。
(注意3)
同一世帯内で満3歳から小学校3年生までの子どもが複数人いる場合は、最年長の子どもから順に2人目は上表の半額、3人目以降は、無料となります。(就学前児童については、保育所、認定こども園、幼稚園等に入所。特別支援学校幼稚園部、情緒障害児短期治療施設通所部、児童発達支援、医療型児童発達支援等を利用している必要がございます。)
(注意4)
市町村民税所得割課税額が77,100円以下の世帯については、上記(注意3)の規定にかかわらず、最年長の子どもから順に2人目は金額表半額、3人目以降は、無料となります。また、勤務、修学等の都合で別居している場合であっても、子どもだと認められる場合もございますので、高石市子育て支援課までご相談ください。
(注意5)
子どもと同居する祖父母がいる場合、父母の収入によっては、祖父母の市町村民税額で利用者負担額(保育料)を決定する場合があります。
(注意6)
上表の利用者負担額(保育料)は、高石市が定める基準により決定しています。施設で利用者負担額(保育料)を経過措置により別途軽減している場合もありますので、通われる施設にお問合せください。
(注意7)
上表の利用者負担額(保育料)には、入園料、給食費、諸費用等は含まれませんので、通われる施設にお問合せくだ さい。

保育園部

入園申請 高石市市役所『子育て支援課』にてお申し込みください。申込用紙に希望 保育所欄がありますので、第1希望欄に、『取石認定こども園』とご記入ください。
選考基準 高石市の保育所の基準により、入園希望者の公正な選考を行います。
保育料 当園の保育料は、高石市保育所保育料徴収規則に基づき、保育料徴収金額 表により算定しています。
(公立保育所と同じ:下表参照。詳しくは高石市子育て支援課まで)
利用者との契約項目 保育料やその他費用について、2ヵ月の滞納があった場合、休園措置とし、その後においても支払がなかった場合、退園措置となります。
保育時間 月曜日~金曜日:7:00~19:00(21:00)
お問合せ先 TEL:072-265-1001(高石市役所 子育て支援課まで)

平成29年度高石市利用者負担額(保育料)徴収金額表<3号認定>

※特定世帯とは、ひとり親世帯及び在宅障がい者がいる世帯等のことをいいます。
〈2号認定・3号認定共通注意事項〉
(注意1)
第1階層を除き、平成29年度4月分から8月分までの利用者負担額(保育料)は、平成28年度の市町村民税で算定し、平成29年度9月分から3月分までに利用者負担額(保育料)は、平成29年度の市町村民税で算定します。
(注意2)
上表の「市町村民税」の額を計算する場合、税額控除(市町村等に対する寄付金控除、外国税額控除、在宅借入金等特別控除、配当控除等)は、適用しません。
(注意3)
同一世帯内で小学校就学前までの子どもが複数人同時に保育所、認定こども園、幼稚園等を利用している場合は、最年長の子どもから順に2人目は「第2子」の金額、3人目以降は、無料となります。

平成29年度高石市利用者負担額(保育料)徴収金額表<2号認定>

※特定世帯とは、ひとり親世帯及び在宅障がい者がいる世帯等のことをいいます。
(注意4)
市町村民税所得割課税額が57,700円未満の一般世帯および市町村民税所得割課税額77,101円未満の特定世帯(ひとり親世帯および在宅障がい者がいる世帯等)については、(注意3)の規定にかかわらず、最年長の子どもから順に2人目は金額表の半額、3人目以降は、無料となります。また、勤務、修学などの都合で別居している場合であっても、子どもだと認められる場合もございますので、高石市子育て支援課までご相談ください。
(注意5)
平成29年度の途中で誕生日を迎えて3号認定から2号認定に切り替わる場合(平成29年度途中で3歳児に達した場合)でも、平成29年度中は3号認定の利用者負担額(保育料)となります。
(注意6)
子どもと同居する祖父母がいる場合、父母の収入によっては、祖父母の市町村民税額で利用者負担額(保育料)を決定する場合があります。
(注意7)
利用者負担額(保育料)には、主食費、諸費用等は含まれませんので、通われる施設にお問合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら